プラセンタ

馬プラセンタ
そもそも馬プラセンタが何故高級なのかという事ですが、 純粋に年間の生産量が少ないことが1点です 国内販売されているプラセンタサプリは主に馬・豚が原料で、 出産後の胎盤を使って様々な製品に生まれ変わります そして豚は年間に何回も複数頭を出産をする
プラセンタ 種類
プラセンタにも様々な種類があって、ヒト・馬・豚は有名かと思いますが 他にも羊や大豆・トウモロコシ・バラなど植物性のプラセンタも存在します それぞれ特性や原料としての価格に違いがあって 目的によって使うプラセンタが大きく変わってきてしまうんです ここ
植物性プラセンタ
主に大豆やトウモロコシ、バラなどが原料となっている植物性プラセンタ その特徴などを書いていきたいと思います! ★植物なのにプラセンタ? そもそもプラセンタとは「胎盤」のことを指すものですが 植物は出産をしないので胎盤は存在しませんよね
国産プラセンタ
最近のプラセンタ商品では「国産プラセンタ」というのを 前面に押し出して販売しているものが少なくありません いわずもがなですが国産の方が同じ成分でも多くの外国産とくらべて コストも高いので商品を製造する上で負担が増えますが、 やはり安心感がありますよ
プラセンタエキス
「プラセンタ」のサプリやドリンクななどを検索してみると、『プラセンタエキス』や『プラセンタ粉末』など色々な書き方がされていますよね。 それぞれ、どのくらい含まれているかが強調されているので、どのプラセンタを利用するかをそこで決める人も多いと思います。
プラセンタ 豚
プラセンタには色々な種類があり、一般的なのは豚プラセンタだと思います。 ドラッグストアで売っているプラセンタサプリも、豚由来のものが多いのではないでしょうか。 DHCのプラセンタも豚由来のものを使用しています。 他にも、馬、ヒト、植物性、
プラセンタ注射
プラセンタの摂取には美容液、サプリ以外にも「プラセンタ注射」という方法があります。 美容外科で打ってもらうことが出来ます。 即効性があり効果が高い分、料金が高いのですが、利用している人は少なくないそうですよ。 プラセンタ注射には、ヒト由来