シミ

シミの原因やメカニズムについて

BIZEN > シミ

シミ メカニズム

シミの原因といえば真っ先に紫外線を思い浮かべますが、

他にも女性ホルモン、ストレス、ニキビやアトピーなどが

シミの原因になることがあります。


シミの予防や対策はシミの種類によって変わってきますので

まずはシミができた原因やメカニズム、特徴をきちんと把握することが大切です。


シミは、肌の奥にあるメラノサイトという色素細胞が刺激をうけて

色素メラニンをつくりだし肌の細胞に送り込まれます。


本来ならばメラニンは肌の代謝、いわゆるターンオーバによって垢として剥がれ落ちてなくなります。


メラニン色素は、お肌に入り込んだ紫外線を吸収し細胞が傷つくのを守るという大切な役割を持っていますが、

しかし様々な原因によってこのメラニン色素が肌の中に沈着してしまうとシミとなってしまうのです。

シミ 原因

シミの原因として一番に挙げられるのは紫外線です。

紫外線をあびるとメラノサイトが刺激を受けメラニン色素を作り出します。

すでにお話しした通りメラニン色素自体は大切なものですが

紫外線をあびすぎるてメラニン色素が過剰に生成されてしまうと、

ターンオーバではすべて剥がれ落ちずシミとして肌に残ってしまいます。


また、やっかいなことに子供の頃から浴びている紫外線が

メラノサイトの遺伝子に傷をつけ蓄積され続けて肌の回復力が衰える30代後半から40代前半に

つぎつぎにシミとなって肌の表面にあらわれはじめてしまうのです。


また、妊娠すると突然シミが出てきたりすることがあります。

妊娠性ホルモンがメラノサイトの活動を刺激するため、

メラニン色素が増えてしみができやすくなりますが出産すると自然に消えていくと言われています。


ストレスをためこむとで男性ホルモンが分泌されるようになり、

脳下垂体の隣りにある中葉という部分が誤作動を起こし、メラニン色素を生成する指令を出してしまうのです。


ニキビ跡やアトピー性皮膚炎による皮膚の炎症によって色素沈着を起こしてしまうことがあります。

茶色い場合はメラニンが元となり、赤紫っぽい場合はヘモグロビンが元となっています。

色によって治療法が異なるため、まずはご自分のニキビ跡によるしみがどのタイプなのかを知ることが大切です

40代シミ対策

40代であらわれはじめるシミには特に注意が必要です。

若いころに怠っていた紫外線対策のつけも加わり肌の代謝が衰える40代に入ると

シミが気になってくる方が多いと思います。


但し40代であらわれ始めたシミには、紫外線によるダメージが原因のものとは別に

「肝斑」と呼ばれる女性ホルモンの乱れによって生じるものがあります。


30代後半から40代にかけて女性ホルモンを形成する黄体ホルモンといわれている

プロゲステロンのバランスが崩れることが原因です。


特徴としては淡褐色で頬骨まわりや口の周辺など左右対称に表れます。

シミができた原因によって対処方法が異なりますので、まずはしっかり見極めましょう。

PAGE TOP ▲