シミ対策

シミ対策について

BIZEN > シミ対策

シミ対策 予防

シミの予防は徹底的に紫外線対策をしましょう。

冬にちょっと洗濯物を干すだけでも以外に紫外線を浴びてしまっているのです。

室内でも窓越しに紫外線を浴びますので家にいるからと言って油断は大敵です。

朝のお手入れの後、1年を通してUVケアを必ず行うよう心がけましょう。


ストレスをはじめ、寝不足など不規則な生活が続き、

女性ホルモンのバランスが崩れると、特に肝斑の発生や悪化につながることも考えられます。


規則正しい生活を心がけたり、リラックスする時間を作りストレスをためこまないことも大切です。

また、皮膚への過度な刺激もシミの誘発につながります。

洗顔やフェイスマッサージなどで必要以上に激しく行い、摩擦を与えないようにしましょう。

シミ対策 サプリメント

●コラーゲン

皮脂が分泌される、潤いが保たれるためメラニンを抑制する効果が期待されます。


●ビタミンC

抗酸化作用が高く、メラニン生成を抑える効果があります。


●プラセンタ

プラセンタには活性酸素を除去する効果があります。

またコラーゲンの生成を促したり、女性ホルモンのバランスを整えるなど

美肌にとって欠かせないサプリです。

また、プラセンタでは海外では白斑の薬として処方されている国もあります。


●ビタミンA

皮膚細胞を作るのに必要不可欠な栄養素で、ビタミンAが不足すると肌荒れを

おこしシミができやすくなります。


●ビタミンB2

細胞の再生や成長を促進し、皮膚を保護して成長を促すことから美容のビタミンとも呼ばれています。


●ビタミンE

新陳代謝を促し、活性酸素を除去する効果がある栄養素で、若返りのビタミンと呼ばれています。

シミ対策 化粧品

シミを改善する成分が入っている化粧品を積極的につかいましょう。

●プラセンタエキス

保湿効果や皮膚の血行促進効果、新陳代謝を促進する効果があります。

それによってメラニン色素の沈着・生成を防ぐため、日焼け後の肌にも効果があり、

多くの美白効果を謳う化粧品に配合されています。

また、プラセンタエキスには抗酸化作用もあるので、

シミの原因とされる日々うける紫外線や大気汚からも肌を守ってくれます。


●ハイドロキノン

メラニンの生成を抑える作用があるとともに、

皮膚に付着してしまったメラニンを剥がすと言われています。

但し、高い漂白力を持っているので使用回数や使用料を間違えると

シミの部分が反対に白く(白斑)なってしまうこともあります。


●アルブチン

シミの元となっているメラニン色素を合成する成分チロシナーゼを抑制する働きがあります。

メラニン色素の過剰な生成を抑制するだけでなく、色素沈着の予防にも効果があり、

美白対策として有効な成分です。


●ビタミンC誘導体

抗酸化作用による皮膚細胞の老化を抑制してくれる働きがあります。

紫外線などで生まれる活性酸素を強い抗酸化力で除去てくれるので

メラニンの生成を抑える効果が期待できます。

また肌代謝も促すことから出来てしまったシミにも有効的です。


●フラーレン

肌を構成している細胞を壊す外部の刺激や環境要因

つまりシミができる原因から肌を守ってくれる働きがあります。

そんな美容パワーはとしては、ビタミンCの約125倍ともいわれています。


●トレチノイン

ハイドロキノン(レチノイン酸)と併用することでさらに効果が上がるとされています。

トレチノインはターンオーバー(新陳代謝)を促す作用を持ち、

皮膚のヒアルロン酸やコラーゲンを増やす効果もあります。

シミ対策 食べ物

シミの改善に絶対かかせない食べ物は、

ビタミンCが多く含まれている野菜やフルーツです。


なかでもグレープフルーツ、ライム、オレンジ、レモンなどの柑橘類

アセロラ・トマト・ブロッコリー・ピーマン・柿・いちごはお勧めです。


また、シミに良いと言われている良質なたんぱく質も積極的にとりましょう。

お肉類、乳製品、卵などです。

また、アボカドやかぼちゃ、小松菜、アジ、アーモンド、ごま、ピーナッツなど

ビタミンEを多く含む食品は、代謝を促し、シミの改善に期待できます。


昨今、医療機関においてはシミを消すための様々な治療が行われています。

特にレーザー治療の進化は著しく、以前は消えないと言われていた肝斑にも対応できる機械も開発されました。


即効性や、自分自身ではどうしても消えないシミに悩んでいる方は、一度トライしてみるのもお勧めです。

技術の進歩と伴に、価格も大分お手頃になっています。

PAGE TOP ▲